2007年01月02日

アディオスアミーゴスその4



これから書くその4はちょー長文だったのにボタン操作を誤り消えてしまいました。もう一度、思い出せるかぎりカクヨふぅー。

で、かすかに未来への希望を持てたりしたんです。

初ツアー 。俺らの気持ちをメロディにのせ言葉で綴ったプラスティックのCD君達は俺らの分身となり色んな町に飛び立ちCDショップに降り立ちお行儀よく並ぶのでした。それを買うマニアックな人々がいてさらにその中のミディアムレアなあなた方は、見知らぬ場所で見知らぬヒトとしてモノ珍しそうに俺らを迎えてくれた。ライブではこの日の為に今までの人生があったんだ、と出来るかぎり持っているものを曝け出した結果、なんという幸せ、なんというかこの気持ち最高!こここそが世界の真ん中だ!と純粋に思えた。

BGMはビギナーにはミミガー

いう昇天を幾度も経験した。ただの友達仲良し同郷四人組で全国を走り回りながらライブという異空間を体験しながら非日常が日常になっていくこと。それはそれは楽しかった。

なのに、初代ベースジャッキー脱退!仕方ないことかもしれないが友情を感じた。この場合の友情は友よ情けないぜの意。(強がり)どんな状況(ブラフマンの前座)でも強気でインディアンハイを引っ張っていた切り込み隊長の穴を埋めたのはライブをよく見にきていた高校生のハブでした。外人顔だからベースもうまいんだろうと思ってスタジオに入ってびつくり!見かけ倒しという言葉がぴつたりの青年でした。頭の中身は少年ジャンプでした。が、誰よりもパンクロックを愛する気持ちと男友達やモノを大切にしたり漬物好きという意外な一面でジャッキー亡きあとのインディアンハイを予想外にも支えてくれました。(ひっぱってくれはしなかった)たまに作曲してくる名曲は彼のポテンシャルと音楽に対する誠実さを感じます。(もちろん不誠実な部分の方がおーいよインハイは)今後に期待。

次々とCDをリリースしライブという昇天を繰り返し、地上波にのり、沖縄ではCMに出演し、メジャーデビュー!サッカーで食べていけたら最高やなーとそこまでの道のり距離感を掴めないほど遠かったことが音楽では比較的さらりと実現してしまった。夢を実現したのだろうか?なんというか俺らはうまくいっているようでした。

最高と思えた回数の5倍くらいの最悪と思う失敗を繰り返しながらも、自分を客観的に見れないし失うものなんてなにもないとイケイケな俺が失って初めて気付いてしんどかったのがサリナと初期衝動。初期衝動という抽象を具現化するべくこの世に生を受け集結したヘタクソナボーカルギターベースドラムから初期衝動をなくしてしまうことは、イチゴなしショートケーキ、チーズなしピザ、肉なしすき焼きラブのないセクスに匹敵するよーなシリアスな現実が待ち受けていたのでした。サリナとの別れはみんなと同じたかが失恋されど失恋っす。

BGMは乗り越えたはずの壁が今日もまたちっぽけな俺を潰そうとしてるぅー、とサリナ



続きを読む
posted by IN-HI at 23:49| Comment(8) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

アディオスアミーゴスその3『よいお年を!』



オーイェイ!ワンウェイからツーウェイになってるぅと意識しながらカキコしようねお互い!

話は暗黒時代へ戻ります。

未来への希望がもてない。具体的にあげてみなといわれたら、この携帯メールの容量を軽くオーバーしちゃうけど例えば、バイトバイトリハバイトリハバイトバイトライブ打ち上げバイトライブライブバイトリハバイトバイトバイトデートバイトバイトな日々を過ごしていても常に金がなかったり、ちっともお客が増えなかったり、まだバンドやってんの?といわれたり、未来は僕らの手の中とかを聞いて単純に泣けていた頃がなつかしい。だけど体のど真ん中にあって俺を蝕んでいたのはライブでライブの為にバイトしてライブの為に生きていた。

ここで考えるわけです。人間うまくいかないときって考えるものです。寝ている時間を含めデート中も風呂中もチュウ中も。ハイスタやランシドが大好きだけどハイスタやランシドやラモーンズにはなれないし俺らインハイにしかできないことって何?できることは?できないことは山のようにあったけどできること、可能なことはミニモニ並にちっぽけだった。が、しかし、少しだけできることをみつけた!ここからアラタナ道が開けるわけです。できることだけ。やれることをこそ。全力で全神経で全能力をぶつける。幸せなことにぶつけられた。

そして、頭に鳴ってる音を表現するために高校サッカー部の後輩、亀ライダー君を召集、伝説の先輩に逆らえるはずもなく加入。

そこから生まれたのが[沖縄COREPRIDE]インハイ史上一番売れたアルバムです。(ギャランティーは受け取っていない!)曲ができあがるのがレコーディングの一時間前とかその瞬間とかムチャクチャでしたが、歌の仕込み期間はあのときの年齢分。あの瞬間の焦燥感はばっちり表現できた!レコーディング途中から亀ライダー君は後輩っぽくなくなりタメ口をきくようになったこともおーきなターニングポイント!だったのかな、、、生意気でしたが。

BGMはゴーヤーマンゴーゴーゴーゴーゴー続きを読む
posted by IN-HI at 18:06| Comment(9) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

アディオスアミーゴスその2



三歳の時の夢はうどんになりたい!でした。幼稚園卒業時はトラックのおじちん(おじさんと書けなかった)小学校ではキャプテン翼になりたくて、中学では金八先生、高校一年の時はロッキー、高二から大学まではサッカー選手に、インディアンハイをはじめた時の夢はメジャーデビュー!しかし今思えば、メジャーデビューなんてちっぽけでつまらんことだと言い切れる。インハイメジャーデビュー後から今までの夢は、俺の目の前に現われたアータがたや君たちや君やアナタに、俺に出会ってよかったと常に思わせることができる。よーなエッヂの効いた尖った左右対称くんになりたい。

話は戻りまして、その当時(十年前)、流行っていたのはランシドやハイスタンダードと言われるメロコア。ブルーハーツに涙しスタークラブで不良になりライダースでパッションという英単語を知り、高校とパンクロックを一緒に卒業したはずだった俺は、メロコアというサウンドにやられました。脳天ガツーン!はじめてのセクスぅなんかより刺激的で開放的でした。(はじめてってよかった?)が、難し過ぎてコピーできなかった為、バンド結成当初からオリジナルな俺ジナルを俺ネジレル的

アプローチで演奏してました。はじめの頃のライブには、来てくれてた知り合い達もライブを重ねるごとに一人減り二人減り、ライブハウスから課せられるノルマによる借金は、最悪を絵に書いて額に飾って眺めようにもバイトばっかりでみてみぬふりしかできないような額にのぼった。売れないチケットは駅前でミスチルっぽいバンドやってます!ライブやるから来てくださいとかいって手当たり次第に配っていた。その頃のお客というか戦友は今でもからかいにきてくれる。客が3、4人でもライブをやった日の夜、眠ろうと目をつぶると先程のライブが思い出され、目蓋の裏に映るインディアンハイは何百人を熱狂させており、なぜかハイスタやブルハの歌を光り輝くステージで歌っていた。しょぼさこの上ない自分をあそこまで過剰評価できてた自分に拍手したい。自画自賛。ライブをがっつんがっつんやりながら頭をかすめていたのは?なんの為にステージに立つのか?なぜヒトは酒を飲むのか?歌うのか?生きてるのか?生きていくのか? BGMは空の青続きを読む
posted by IN-HI at 13:46| Comment(12) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

アディオスアミーゴスその1



なんだかアレなんでインハイの歴史などを取り留めなく書き殴ってみようかと思います。読んで何か感じたり思ったらコメントしてねヒット数マイナスコメント数イコールなんにも感じなかったヒト達かぁーと凹みマス。師走

さかのぼること10年、22歳大学四年のしもつんは、就職活動に明け暮れる元不良や元チーマーだった級友や同級生を横目に、ネクストブレークポイントを虎視眈眈と口笛を吹きながら狙っていました。サッカーの夢は、木っ端微塵、残骸さえも見当たりません。夢は叶うとか叶わない夢はないとか夢は実現するとかドゥリームカムトゥルーとかキラキラした言葉は一切信用することをやめました。が、未だにサッカーは心底好き。ただ好きなだけだったパンクロックをネクストブレイクな表現の手段に選び取ったのは、根拠0な一人よがりな自信と自分を客観視できぬ、すがすがしいまでの無知の知。と心に渦巻く日々拡大し勢力を増す言葉と思い。俺とジャッキーとずけは、バンドを結成したのでした。バンド名はINDIAN-HI!国分寺ーズにしなくてよかった。続きを読む
posted by IN-HI at 22:07| Comment(17) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

メリクリ!



ネオンが煌びやかな季節ですね。サンタさんの顔はどこに行ったのでしょう?マシーン。。
posted by IN-HI at 21:56| Comment(2) | Hav-machine日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

新宿クラブドクター。。



クリスマス前にやんちゃしたい方は遊びに来てくださいませ!!出番は七時半になります。。ディスコクラッシュを観に来たと言えば前売りで入れるようにしておきます。。それから今日はカイ君の誕生日おめでとうございます!!マシーン。。
posted by IN-HI at 18:02| Comment(5) | Hav-machine日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

LOFT内受付法のご案内

《LOFT内受付法のご案内》★受付順位:各プレイガイド&LOFT店頭販売中の前売券購入者は整理番号に従い順々に受付⇒各バンド予約者&当日券購入者/以上の順番で受付といたします。★皆様方のご要望に応じ早目ご入場いただけるよう、前売券受付もぎり口/各バンド予約&当日券販売口の増設なども考慮しますが、通常基本システムとして、お待ち頂いてるご様子や天候事情ならびに各バンド側&会場側の準備状況により当日判断となりますこと、あらかじめご了承下さい。★時節柄どうぞお気をつけてお運び下さいネ…メンバー共々お待ちしています★
posted by IN-HI at 23:41| LIVE情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

12/22 JOE STRUMMER



の命日にCLASHのコピーバンドを新宿CLUB DOCTORにてやります!オレの音楽のルーツでもあるバンドです。クリスマス前にお暇な方は遊びに来てくださいませ!!マシーン。。
posted by IN-HI at 21:57| Comment(3) | Hav-machine日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リハ



六日に向けてリハしとります。全然やってない曲やら昔昔の曲やらパンツやらキセキやらをやっていると、俺らってけっこういい曲やってるやん、とか俺っていい歌詞書くよなーと、自分で書いた歌詞に励まされながら自ら歌ってます。もう一つ今日気付いたことがあるんだけど サザンクロス、ハウファークゥドゥアイゴー、☆彡に願いを、サリナ、ライトインザ、サーフィンビキニなどなどさよならの歌がオーイですわ。それぞれの曲を創ってた時にそれぞれのさよならがあったわけですがやはりさよならは心震わせる出来事だよね。
posted by IN-HI at 00:23| Comment(7) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

INDIAN-HI〜IN-HI



19の頃から今までIN-HIを中心にやってきました。いろんな人と出会い沢山の経験をしてきました。IN-HIをやってなかったら、まず味わえなかった事本当に幸せです。。活動停止になってしまって期待してたファンには本当に申し訳ないです。

1/6に活動停止、いつかこんな時が来るのはバンドやってれば確実に来て、その先は自分自身絶対に乗り越えなきゃいけない壁だと思ってました。とはいえあんまり実感がないのは確かです。。

IN-HIはいつまでも突っ走ってガツガツやってるのが似合ってるバンドだと思うが、逆にいい機会かもしれない。この機会に充電なりしてIN-HIはどうするのか?じっくり考える時期でもいいかなと思います。もちろん前向きに!!1/6以降どうなるかはわからないが、個人的には音楽やめるつもりはさらさらなく、いつまでもロックバカしてたいから個人的には活動は続けて行きます!!

1/6は終わりじゃない、その瞬間を精一杯楽しみましょう!!ライブの先、想像できることは実現できる(意味わかんない)!!あんまガラにない文章だけど自分なりに考えました。 マシーン。。


posted by IN-HI at 00:37| Comment(9) | Hav-machine日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。