2007年01月08日

549へ向けて

555.jpg

今までありがとう。

ロフトのライブは泣かずに心から楽しめました、打ち上げもいつものよーにたしなみました。そっから朝方に家へ帰ってシャワーあびて布団に入って寝るまでの間、愛するみんなから貰った手紙を読んだらもうだめだったねー。朝日が昇って世界は輝きはじめてるのに、深呼吸できないくらいきつかったー。体の一部がなくなったような喪失感。

思い出がありすぎる。脳のひだひだにおさまりきらないくらいの出来事と人々と感情と愛情とイトオシサが渦巻いている。

これ以降の長い人生インハイくらい熱くなれるものが見つかるか非常に不安。

ライブはなんと548回やりました!548回分のリハをして練習をして緊張もしてメンバーとハシャイで反省しました。

シングル4枚。

アルバム10枚。アルバムを出すたび、これでやっと売れて武道館できるわ。と本気で思ってました。

俺らは歴史に残るような偉大なバンドにはなれなかったけど、2007.1.6新宿ロフトにいてくれた人達を含む俺らのかっちょよさを理解できたナイスパーソンにはがっちり届けることができた。そこは誇りをもって残りの人生歩みます。



みんなに出会えてよかった。

インハイやってよかった。

これからの人生の目標!



いつか、もういっかい君たちの前に現われてみせる。から、電波のいい場所でアンテナを立て続け、風通しのいい場所で心を新鮮に保ち、上を向いて、前へ前へ進んで行きましょう。

ゴーイングマイウェイ、強引に前へ。

2007/1/9

インハイシモゼットより

愛と魂と感謝を込めてピース!
posted by IN-HI at 18:15| Comment(28) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

アディオスアミーゴスラスト



これでインハイのシモゼットとしての心情吐露大会は終わります。

読んでくれたアータのことがベターに好きっす。

明日は各バンドがインハイより上手にインハイの曲をやるから、是非全バンドチェキラしてください。



話は戻りまして、見知らぬおやじなどに、シリアスでない現実なんてないぜボーヤと言われるかもしれませんが、初期衝動と無知と根拠のない自信とインディーズブームが武器だった俺らインハイの辞書にシリアスなんて言葉はなかったんですよ。しかーし、初期衝動が消えた途端ライブと深夜にコソコソ自由に創作する以外の音楽活動、営業活動はすべておもしろくはなかった。(けど、しもぴコネクション略してシモネを最大限に生かしてラモスと同じチームでサッカーできたのはすげぇことだと思う。ナイスジョブ俺)

俺らだけのインハイは俺らにしかできないことをやってみんなをびつくりさせることやありえない曲構成ばかりを考えていたけど会社の売り上げを伸ばす為の商品になったインハイはCDのセールス枚数やライブの動員で評価され、評価をあげる為の努力をしはじめ、評価されないことにより頭を悩ませる☆の数ほど

ある数あるバンドの一つになってしまったかのようでした。そうなってしまうと俺らのインハイはなんなんた?インハイの俺はどうなんだ?どこにいったんだ?俺がここにいる必要性はあるのか?自分に期待ができず迷いのあるヒトの歌で評価されるはずもなくメジャー契約終了。しかし、幸か不幸か、残念なことに?音楽で飯を食えなくなるということくらいでライブという魔物から逃げることはできず、またタイムカードに挟まれる生活がはじまります。このタイミングで亀ライダー脱退!これも気持ちはよくわかるので友情を感じるやめかただった。この場合の友情は友に情けを感じるの意。俺もやめるならこのタイミングだと思っていた。でもやめないことよりやめるほうがエネルギーを遣うはず。亀ライダーの穴を埋めたのは、公私共に変態ギターリスト、カイレイザー亀以外がインハイのギターを担当することをイメージできなかったけどカイの弾くフレーズは見たことも聞いたこともないキラキラフレーズでした。寒さの中、初日の出を心待ちにしている付き合って二ヵ月の二人の男子に対する女子が感じている頼もしさ的なソロ弾いてよ!と言うと頼もしさにときめきトゥナ

イト

?JI

くんをプラスしたソロを弾いてみせたりして、度胆を抜いたりしてみせた。音楽的素地と才能と考え方は俺らのずーと先を歩いていました。

なんだかんだ(あえて一言)あって転がり続け、ライブはやっぱり楽しいさーと刷り込まれ、ヘッドロックナイトでヒロトが歌っているのを一番近くで見てまざまざとはっきりくっきりと、ヒロトにとっての歌と俺にとっての歌は違う!ことを認識というより実感できたとき、おーきなでっかいシリアスくんがシリウス並にまたまた瞬きはじめた。まぁわかったからこそ、あの時のチッタのライブはやりきれたんだけど。

高校の頃、バスの中で布団の中でバイクに乗りながら試験勉強中の深夜の散歩の時いつも聞いていた歌を歌うヒロトにとっての歌を俺はまだ持っていないこと見つけていないことに気付いた。俺のヒロトにとっての歌を見つける為、ロフトのライブを最後に旅に出ることにしました。





武道館でライブをやります!紅白狙ってます!などなど、でかいこといっていましたが、みんなが俺らの歌を聞いてくれた事実よりでかいこと、うれしかったことは今のところオイラの人生で、存在してない。



本当にありがとう。

死ぬまで忘れないよ。



BGMは旅立ちサザンクロスかハウファークゥジュアイゴー続きを読む
posted by IN-HI at 13:53| Comment(6) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

アディオスアミーゴスその4



これから書くその4はちょー長文だったのにボタン操作を誤り消えてしまいました。もう一度、思い出せるかぎりカクヨふぅー。

で、かすかに未来への希望を持てたりしたんです。

初ツアー 。俺らの気持ちをメロディにのせ言葉で綴ったプラスティックのCD君達は俺らの分身となり色んな町に飛び立ちCDショップに降り立ちお行儀よく並ぶのでした。それを買うマニアックな人々がいてさらにその中のミディアムレアなあなた方は、見知らぬ場所で見知らぬヒトとしてモノ珍しそうに俺らを迎えてくれた。ライブではこの日の為に今までの人生があったんだ、と出来るかぎり持っているものを曝け出した結果、なんという幸せ、なんというかこの気持ち最高!こここそが世界の真ん中だ!と純粋に思えた。

BGMはビギナーにはミミガー

いう昇天を幾度も経験した。ただの友達仲良し同郷四人組で全国を走り回りながらライブという異空間を体験しながら非日常が日常になっていくこと。それはそれは楽しかった。

なのに、初代ベースジャッキー脱退!仕方ないことかもしれないが友情を感じた。この場合の友情は友よ情けないぜの意。(強がり)どんな状況(ブラフマンの前座)でも強気でインディアンハイを引っ張っていた切り込み隊長の穴を埋めたのはライブをよく見にきていた高校生のハブでした。外人顔だからベースもうまいんだろうと思ってスタジオに入ってびつくり!見かけ倒しという言葉がぴつたりの青年でした。頭の中身は少年ジャンプでした。が、誰よりもパンクロックを愛する気持ちと男友達やモノを大切にしたり漬物好きという意外な一面でジャッキー亡きあとのインディアンハイを予想外にも支えてくれました。(ひっぱってくれはしなかった)たまに作曲してくる名曲は彼のポテンシャルと音楽に対する誠実さを感じます。(もちろん不誠実な部分の方がおーいよインハイは)今後に期待。

次々とCDをリリースしライブという昇天を繰り返し、地上波にのり、沖縄ではCMに出演し、メジャーデビュー!サッカーで食べていけたら最高やなーとそこまでの道のり距離感を掴めないほど遠かったことが音楽では比較的さらりと実現してしまった。夢を実現したのだろうか?なんというか俺らはうまくいっているようでした。

最高と思えた回数の5倍くらいの最悪と思う失敗を繰り返しながらも、自分を客観的に見れないし失うものなんてなにもないとイケイケな俺が失って初めて気付いてしんどかったのがサリナと初期衝動。初期衝動という抽象を具現化するべくこの世に生を受け集結したヘタクソナボーカルギターベースドラムから初期衝動をなくしてしまうことは、イチゴなしショートケーキ、チーズなしピザ、肉なしすき焼きラブのないセクスに匹敵するよーなシリアスな現実が待ち受けていたのでした。サリナとの別れはみんなと同じたかが失恋されど失恋っす。

BGMは乗り越えたはずの壁が今日もまたちっぽけな俺を潰そうとしてるぅー、とサリナ



続きを読む
posted by IN-HI at 23:49| Comment(8) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

アディオスアミーゴスその3『よいお年を!』



オーイェイ!ワンウェイからツーウェイになってるぅと意識しながらカキコしようねお互い!

話は暗黒時代へ戻ります。

未来への希望がもてない。具体的にあげてみなといわれたら、この携帯メールの容量を軽くオーバーしちゃうけど例えば、バイトバイトリハバイトリハバイトバイトライブ打ち上げバイトライブライブバイトリハバイトバイトバイトデートバイトバイトな日々を過ごしていても常に金がなかったり、ちっともお客が増えなかったり、まだバンドやってんの?といわれたり、未来は僕らの手の中とかを聞いて単純に泣けていた頃がなつかしい。だけど体のど真ん中にあって俺を蝕んでいたのはライブでライブの為にバイトしてライブの為に生きていた。

ここで考えるわけです。人間うまくいかないときって考えるものです。寝ている時間を含めデート中も風呂中もチュウ中も。ハイスタやランシドが大好きだけどハイスタやランシドやラモーンズにはなれないし俺らインハイにしかできないことって何?できることは?できないことは山のようにあったけどできること、可能なことはミニモニ並にちっぽけだった。が、しかし、少しだけできることをみつけた!ここからアラタナ道が開けるわけです。できることだけ。やれることをこそ。全力で全神経で全能力をぶつける。幸せなことにぶつけられた。

そして、頭に鳴ってる音を表現するために高校サッカー部の後輩、亀ライダー君を召集、伝説の先輩に逆らえるはずもなく加入。

そこから生まれたのが[沖縄COREPRIDE]インハイ史上一番売れたアルバムです。(ギャランティーは受け取っていない!)曲ができあがるのがレコーディングの一時間前とかその瞬間とかムチャクチャでしたが、歌の仕込み期間はあのときの年齢分。あの瞬間の焦燥感はばっちり表現できた!レコーディング途中から亀ライダー君は後輩っぽくなくなりタメ口をきくようになったこともおーきなターニングポイント!だったのかな、、、生意気でしたが。

BGMはゴーヤーマンゴーゴーゴーゴーゴー続きを読む
posted by IN-HI at 18:06| Comment(9) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

アディオスアミーゴスその2



三歳の時の夢はうどんになりたい!でした。幼稚園卒業時はトラックのおじちん(おじさんと書けなかった)小学校ではキャプテン翼になりたくて、中学では金八先生、高校一年の時はロッキー、高二から大学まではサッカー選手に、インディアンハイをはじめた時の夢はメジャーデビュー!しかし今思えば、メジャーデビューなんてちっぽけでつまらんことだと言い切れる。インハイメジャーデビュー後から今までの夢は、俺の目の前に現われたアータがたや君たちや君やアナタに、俺に出会ってよかったと常に思わせることができる。よーなエッヂの効いた尖った左右対称くんになりたい。

話は戻りまして、その当時(十年前)、流行っていたのはランシドやハイスタンダードと言われるメロコア。ブルーハーツに涙しスタークラブで不良になりライダースでパッションという英単語を知り、高校とパンクロックを一緒に卒業したはずだった俺は、メロコアというサウンドにやられました。脳天ガツーン!はじめてのセクスぅなんかより刺激的で開放的でした。(はじめてってよかった?)が、難し過ぎてコピーできなかった為、バンド結成当初からオリジナルな俺ジナルを俺ネジレル的

アプローチで演奏してました。はじめの頃のライブには、来てくれてた知り合い達もライブを重ねるごとに一人減り二人減り、ライブハウスから課せられるノルマによる借金は、最悪を絵に書いて額に飾って眺めようにもバイトばっかりでみてみぬふりしかできないような額にのぼった。売れないチケットは駅前でミスチルっぽいバンドやってます!ライブやるから来てくださいとかいって手当たり次第に配っていた。その頃のお客というか戦友は今でもからかいにきてくれる。客が3、4人でもライブをやった日の夜、眠ろうと目をつぶると先程のライブが思い出され、目蓋の裏に映るインディアンハイは何百人を熱狂させており、なぜかハイスタやブルハの歌を光り輝くステージで歌っていた。しょぼさこの上ない自分をあそこまで過剰評価できてた自分に拍手したい。自画自賛。ライブをがっつんがっつんやりながら頭をかすめていたのは?なんの為にステージに立つのか?なぜヒトは酒を飲むのか?歌うのか?生きてるのか?生きていくのか? BGMは空の青続きを読む
posted by IN-HI at 13:46| Comment(12) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

アディオスアミーゴスその1



なんだかアレなんでインハイの歴史などを取り留めなく書き殴ってみようかと思います。読んで何か感じたり思ったらコメントしてねヒット数マイナスコメント数イコールなんにも感じなかったヒト達かぁーと凹みマス。師走

さかのぼること10年、22歳大学四年のしもつんは、就職活動に明け暮れる元不良や元チーマーだった級友や同級生を横目に、ネクストブレークポイントを虎視眈眈と口笛を吹きながら狙っていました。サッカーの夢は、木っ端微塵、残骸さえも見当たりません。夢は叶うとか叶わない夢はないとか夢は実現するとかドゥリームカムトゥルーとかキラキラした言葉は一切信用することをやめました。が、未だにサッカーは心底好き。ただ好きなだけだったパンクロックをネクストブレイクな表現の手段に選び取ったのは、根拠0な一人よがりな自信と自分を客観視できぬ、すがすがしいまでの無知の知。と心に渦巻く日々拡大し勢力を増す言葉と思い。俺とジャッキーとずけは、バンドを結成したのでした。バンド名はINDIAN-HI!国分寺ーズにしなくてよかった。続きを読む
posted by IN-HI at 22:07| Comment(17) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

ステージに立つからには



今年は五本しかライブをしませんでした。今まではライブを終了し次のライブが決まってないことがなかったので、ゆっくりじっくり生きることができ、年間200本近いライブをやっていた頃の、己を磨き研ぎ澄ますにはライブ以外にない!という考え方はなくなりました。ライブをやって伝えたいことや伝える為の手段としての空気の振動の振り幅や現場に存在する心への侵入コトバ数は、ライブだけを繰り返しやっていても高まらず振り切れず伝わりきらず、ライブのことだけ考えていたらライブをやって伝えたいことを綴るメロディにノッタ言葉が湧き出てこなくなってしまいました。俺らがインハイとしてインハイのライブをやる為に、やるいじょうインハイにしか言えない、インハイからしか聞こえてこない音と言葉と湧き出てくるような伝えたいことがなきゃ、愛するみんなの前でステージに立って歌ったり心地よい笑いを提供するMCをしたりするライブをやる意味、意義がないと思われ、俺の自己ベストな生き方と存在理由と限られた人生をインハイに賭ける意味を自分自身に問い続けた結果、一月六日のライブをもって活動休止することにしました。

シモゼット
posted by IN-HI at 16:48| Comment(41) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

スカルシット十周年



いやーステージがでかくて目の前のリングもでかくてお客も遠くて多くておもしろエキサイティングどえした。スカルシットは十周年、インハイももう少しで、十執念、何をするにもやめるにも十年やらねーと答えはでない!と3ヵ月でやめた極真空手のおじぃの言葉を思い出したりしながら飛んだり跳ねたりしました。あの状況の中、愛しのちんすこーを見つけたときのワタクシメの気持ちは、荒野に放たれた子鹿が雄パパ鹿を見つけたときと同じであろうホトトギス。今日もありがとうカムサハムニダ。ぴもぜっと
posted by IN-HI at 22:32| Comment(12) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

(無題)



インハイリハっす。男苦し あな苦し
posted by IN-HI at 22:59| Comment(0) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

パクリスト



エキコウナイシュウジツキンエンゴキョウリョクオネガイイタシマス

を読んでるときも君のこと考えてる。
posted by IN-HI at 19:03| Comment(31) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

(無題)



亀の甲!
posted by IN-HI at 16:41| Comment(4) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

満身創痍



人生初の忙殺!を経験し風邪を拗らしてしまいました。生きる体力が低下すると生きる為の意欲や欲求も低下してしまうのでしょうか!?君に幸あれ(ハート)
posted by IN-HI at 22:44| Comment(7) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

おぴもゼット



パンクロックバトルロイヤル4というオムニバスが発売されました!インハイはエンジョイパンクロック(ニコチン)を沖縄言葉でカバーしとります。カバーとは、無理矢理噛まずに飲み込みインハイDNA搭載排泄作業っす。御試しあれ、
posted by IN-HI at 20:58| Comment(3) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

(無題)



サマソニ出れず!
posted by IN-HI at 01:15| Comment(11) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

八戸八食フリーライブ!



カナダからインハイを観るついでに実家に寄った乙女やインハイついでに前沢牛、牛タンと肉しか食べない方々や宮崎からそろそろ落ち着かなきゃと思いながら八戸まできた元ダイバーや久々すぎるインハイを観るのが恥ずかしかったというへんてこ君やインハイ、ネブタ祭り花笠なんとかと祭り三昧なバイカーや母親同伴で来てくれた方、2001年の八食ライブからずーと来ているという元高校生などなどホントにありがとう!ライブをしないと見えないモノや感じることができないことがハツキリしたさ。



posted by IN-HI at 13:22| Comment(3) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日



東北道はスタンドが少ないので気をつけましょう…。ガソリンを蓄えたって事で牛タンを蓄えに仙台にでも行きましょうかな。









posted by IN-HI at 15:40| Comment(2) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

(無題)



酒も肴もうまいっす八戸!
posted by IN-HI at 17:46| Comment(5) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(無題)



いってきますー
posted by IN-HI at 11:12| Comment(1) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(無題)



無事つきました。食事時間を引くと高速に乗って六時間弱で着でした。
posted by IN-HI at 00:48| Comment(3) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(無題)



あと2百キロ切りました!運転は薄塩くんです。深夜の高速を運転し続けるといろんなことを考え思い出しまた考え思い直しまたまた考え浮かんで消えます。おやすみなさい

追伸ベルヌーイの定理は仮説に過ぎずその仮説も最近覆されたらしいよ。ということで飛行機がなぜ飛ぶのか?わかっていないんだって。しかし実際は飛んでいる、結果オーライみたいな恐ろしい現実に乾杯。カツ丼万歳!
posted by IN-HI at 00:12| Comment(4) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。