2007年01月05日

アディオスアミーゴスラスト



これでインハイのシモゼットとしての心情吐露大会は終わります。

読んでくれたアータのことがベターに好きっす。

明日は各バンドがインハイより上手にインハイの曲をやるから、是非全バンドチェキラしてください。



話は戻りまして、見知らぬおやじなどに、シリアスでない現実なんてないぜボーヤと言われるかもしれませんが、初期衝動と無知と根拠のない自信とインディーズブームが武器だった俺らインハイの辞書にシリアスなんて言葉はなかったんですよ。しかーし、初期衝動が消えた途端ライブと深夜にコソコソ自由に創作する以外の音楽活動、営業活動はすべておもしろくはなかった。(けど、しもぴコネクション略してシモネを最大限に生かしてラモスと同じチームでサッカーできたのはすげぇことだと思う。ナイスジョブ俺)

俺らだけのインハイは俺らにしかできないことをやってみんなをびつくりさせることやありえない曲構成ばかりを考えていたけど会社の売り上げを伸ばす為の商品になったインハイはCDのセールス枚数やライブの動員で評価され、評価をあげる為の努力をしはじめ、評価されないことにより頭を悩ませる☆の数ほど

ある数あるバンドの一つになってしまったかのようでした。そうなってしまうと俺らのインハイはなんなんた?インハイの俺はどうなんだ?どこにいったんだ?俺がここにいる必要性はあるのか?自分に期待ができず迷いのあるヒトの歌で評価されるはずもなくメジャー契約終了。しかし、幸か不幸か、残念なことに?音楽で飯を食えなくなるということくらいでライブという魔物から逃げることはできず、またタイムカードに挟まれる生活がはじまります。このタイミングで亀ライダー脱退!これも気持ちはよくわかるので友情を感じるやめかただった。この場合の友情は友に情けを感じるの意。俺もやめるならこのタイミングだと思っていた。でもやめないことよりやめるほうがエネルギーを遣うはず。亀ライダーの穴を埋めたのは、公私共に変態ギターリスト、カイレイザー亀以外がインハイのギターを担当することをイメージできなかったけどカイの弾くフレーズは見たことも聞いたこともないキラキラフレーズでした。寒さの中、初日の出を心待ちにしている付き合って二ヵ月の二人の男子に対する女子が感じている頼もしさ的なソロ弾いてよ!と言うと頼もしさにときめきトゥナ

イト

?JI

くんをプラスしたソロを弾いてみせたりして、度胆を抜いたりしてみせた。音楽的素地と才能と考え方は俺らのずーと先を歩いていました。

なんだかんだ(あえて一言)あって転がり続け、ライブはやっぱり楽しいさーと刷り込まれ、ヘッドロックナイトでヒロトが歌っているのを一番近くで見てまざまざとはっきりくっきりと、ヒロトにとっての歌と俺にとっての歌は違う!ことを認識というより実感できたとき、おーきなでっかいシリアスくんがシリウス並にまたまた瞬きはじめた。まぁわかったからこそ、あの時のチッタのライブはやりきれたんだけど。

高校の頃、バスの中で布団の中でバイクに乗りながら試験勉強中の深夜の散歩の時いつも聞いていた歌を歌うヒロトにとっての歌を俺はまだ持っていないこと見つけていないことに気付いた。俺のヒロトにとっての歌を見つける為、ロフトのライブを最後に旅に出ることにしました。





武道館でライブをやります!紅白狙ってます!などなど、でかいこといっていましたが、みんなが俺らの歌を聞いてくれた事実よりでかいこと、うれしかったことは今のところオイラの人生で、存在してない。



本当にありがとう。

死ぬまで忘れないよ。



BGMは旅立ちサザンクロスかハウファークゥジュアイゴーアディオスアミーゴスその1,その2,その3,その4,ラスト
posted by IN-HI at 13:53| Comment(6) | Shimo-Z日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涙が止まりません!ほんとうにありがとうございました!明日はしっかり焼き付けにいきます!
Posted by シモっぴファン at 2007年01月05日 20:06
...人生は旅のようなもんだとどっかのオジーが言ってた。きっと今はさよならだけど最終地点ではないから!
きっとまたシモZに!四人のインハイに!巡り会えることを祈って待ってます!!
泣きそうだけど今電車の中だから耐えるよ(T^T)
今までいっぱいありがとう。愛してマス。
Posted by snowdog at 2007年01月05日 22:22
どうしよう。
これを読んだあたしは今の自分の気持ちを言葉に置き換えることができません。。
何て言ったらいいかわかんないよ。
自分で言葉に出来ないのに軽々しくコメントしていいのかわからないけど‥でも何か伝えたいから書きます。
インハイの曲はあたしにとってたくさんの思い出をくれて、インハイのライブは元気になれる。苦しいことがあっても、次の日頑張れる力をくれました。
だからあたしもしもさん達インハイを絶対忘れないです。ていうか絶対忘れられない!
死ぬまでじゃなくて死んでも忘れないでね!
明日は最高に楽しみます☆
Posted by ☆彡 at 2007年01月05日 22:56
これまで本当にありがとう。
心情吐露大会の最後の写真がCH@代々木なんて
スゴく嬉しいです。(横向きだけどね。笑)
何から話して良いか分からないので
もう少し考えてから何か書きます。
今は一言だけ…
「本当にたくさんの思い出をありがとう!」

…とか言っても今日死ぬわけじゃないんだから
これからも生きてる間は仲良くして下さい☆(^▽^)
それぞれの活躍に期待してます!
でも、私の結婚式には出演してもらいますからね!
…10年以内ぐらいで!(相手未定)
Posted by KEN子@ClapHands!! at 2007年01月09日 16:43
インハイを知ったのはサリナのPVをMTVで観たのが最初、という遅咲きファンです。ブルーハーツが売れて行く様をリアル体験している位、シモさんよりお姉さんです。いつのまにかロックから離れ、生活に終われ、疲れ果てて、いっそ早く過労死したい!と思っていた私に、やっぱりもうちょっと生きていたい!と思わせたインハイ!生活苦で何年もCDを買って無かった私にCD買わせたインハイ!休止であって終了では無いと信じて待ってます。長々とごめんなさい。インハイ大好き!
Posted by ニャン子 at 2007年01月15日 22:51
紅白はあれはもちネタの冗談だと思っていたのですが。(笑)
インハイの良さを潰してしまう日本って、と悔しく思っていました。ヒロトはヒロトだけど、インハイは沖縄出身ならではの島の土にまみれたもっともっと独自の路線を歩んでほしかったというのが私の思いです。

私はヒロトをリアルタイムで知りませんが、ヒロトのストーリーは物語であり、そこに何を見るのかひとりひとりに任されているように、インハイのストーリーも、パンクに対しロックに対し音楽業界に対し、世界の矛盾に対し、もっとシビアで且つうちなー魂の物語を作ってもよかったんじゃないかなとも思いますが、時にぶっちゃけ過ぎるところがインハイの皆を包みこむ懐の深さであり生きざまだったと思ってるし、やっぱり好きですよ。
Posted by ハート at 2007年01月16日 03:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。